剥離強度テスター(日本製)新発売 AD-300

剥離強度テスターが、新しくなりました。AD-300 (2020年4月)

剥離強度テスターとは、エンボスキャリアテープや紙キャリアテープにシールされた、カバーテープの
剥離強度をJIS規格に準拠した方法で測定し、記録する装置です。

剥離速度を自由に設定でき、連続送り、ピッチ送りの変更も可能。
さまざまな条件での測定が可能です。
測定結果をパソコン上で管理できます。

 

AD-300.png

●キャリアテープの送りピッチに合わせた剥離強度の測定が可能(ピッチ送り方式)
●剥離強度が常に一定の角度を保ち、ポケット深さに関係なく安定した測定が可 能 (特許)
●紙キャリア8mm、エンボスキャリア4mm〜88mmまでレールの幅調整で対応可能
●タッチパネルを採用し、操作性が向上(表示は日本語・英語どちらでもできます)
●装置本体のテーブルで、テープの反り測定が可能
●パソコンと接続し、パソコン上でのデータ管理、データ表示・印刷などが可能(オプション)

この装置は、エンボスキャリアのカバーテープや保護フィルムなど低荷重剥離試験に最適です。

エンボスキャリアテープとは、(キャリアテープとは)電子機器の基板上への表面実装の際、
半導体・電子部品の搬送用の梱包材として使用されるプラスチック製のテープや
紙テープを言います。

表面実装部品を1個ずつ連続したポケットに収納して、テープで密閉して使用します。
実装ラインにて機械がテープを剥がします。

テープの密着力にばらつきが出ますと、部品が脱落して実装ラインが停止する等のトラブル
になります。


したがってテーピングに対する厳しい品質管理が求められています。剥離速度や角度、保存
状態そして期間等により剥離強度は微妙に変化します。これら全てを管理するため正確さと
再現性を両立した測定器が必要となります。

なんといっても簡単操作で、低価格です。そして、日本製!

パソコンと接続ができ、高速データ通信により正確なグラフ作成が可能
です。また、高速サンプリングにより瞬時の荷重変動にも高い追従性があります。

AD-300TXT.png

前機種AD-200との相違点・改良点。

1.カバーテープ取付けクリップ

AD200・・・固定式

AD300・・・脱着式

 

2.キャリアテープの取付け方法改善

 

3.ゼロ補正機能(AD300新機能)

ロードセルのゼロ点ズレを自動補正される

 

4.専用ソフトの改良

@ 測定時間(設定時間)に到達しなくても即座に停止及び停止時でデータを表示させる。

A 最大、最小、平均、合否判定をタッチパネルににも表示

B 「N」「g」表示単位選択可

 

5.キャリアテープ取付け台変更(幅合わせ改良) 

 

6.簡易水準器設置により測定環境確認を簡素化

 

剥離強度テスター AD-300 資料ダウンロード

AD-300-[20-4].pdf

 

お問い合わせを、お待ちしております。

toiawase.gif

TEL:06-6397-0412(本社)

TEL:04-2939-1727 (東日本支社)


海外製、剥離強度テスターも扱っています。
DouYee扱い製品→ Peel Back Force Tester