アルミ袋のプラマークについて、廃棄について

弊社の販売しているアルミ袋は、殆どがオーダーメイド、小ロットなので

一部の商品を除いて ”プラマーク”は、付いていません。

お客様からのご要望でプラマークの印刷も行なうことが可能です。(別料金)

※ プラマークの詳細は、お客様の方でお調べ下さい。

 

しかしながら、お客様から弊社のアルミ袋にプラマークを付ける場合どうすれば

いいかよく質問されますので少し豆知識。

アルミ袋は、アルミとプラスチックの複合素材で一般的に重量比でプラスチックの方が50%以上

なので、プラマークを使用します。

plamark.gif←プラマーク

 

でいいのですが・・・

プラスチック製容器包装について、使用されているプラスチック等の種類を表示することは、

望ましいこととされています。(法的義務ではないそうです)

表示をする場合、材質の記号は、
JIS K 6899-1 2000(ISO1043-11997)
に準拠し、複合材質・複合素材については、主要な構成材料を含め、2つ以上を表記し、

主要な材料に下線を付すことを推奨されています。

例えば、

仮に弊社Aタイプの場合、PET12/PE15/AL7/PE15/LLD30 (79μ)

PEが一番多いので、PEの下に下線を引き、M、PETと表記します。ALはアルミですので

表記はメタルのMになります。

plamark2.jpgPE,M,PET

 経済産業省のホームページ中小企業基盤整備機構のホームページ を参考にしました。

廃棄につきましては、自治体や廃棄業者にご確認・ご相談下さい。

一般にアルミ袋は、一般家庭などではプラスチック製容器包装に分類されます。
企業などでは、量も違いますので産業廃棄物になります。

当方の知る限り、リサイクルも厳密に言えば可能でしょうが、

コストなどの関係で行われていないのが現状なようです。

toiawase.gif
お問い合わせは、上記ボタンをクリックしてメールフォームにて
お問い合わせ頂くか、担当者まで、お電話下さい。
TEL 06−6170−3993   担当:山下まで 

アルミ袋については、10個以上の記事があります。検索のヒットの具合ではこの記事しか

出ていないこともあります。もっと深くアルミ袋について知りたい方は、下記を

クリックして全情報をお読み下さい! 右側上部のカテゴリもご参考に〜

arrow32-006.gif
クリック→包装材料(アルミ防湿袋・帯電防止袋全般)のカテゴリへ