脱気シーラーを使用する場合は、袋の長さに注意!

あるお客様で、トレーに製品をアルミ袋に入れて脱気した場合、
上手く脱気が出来ないことが多発しました。

袋の余分な長さが脱気の邪魔をすることがあります。

脱気シーラーご使用の場合は、脱気シーラーからのノズルから
製品までの距離にご注意下さい。

袋のサイズが大きすぎて脱気が上手くいかない事例でした。

作業性を考え、袋を少し大きめに作成したそうですが、脱気ノズルより
袋の余分な部分の方が、長すぎたので脱気が上手くいかなかったようです。
短すぎるのも作業性に問題が出ます。

ヒートシール機の脱気ノズルの長さも考慮して袋の長さを決めましょう!

この事例では、単純に少し大きめに作れば良いとの考えではダメだと
言う事が分かりました。

 

脱気シーラー(バキュームシーラー)製品情報 ←クリック

arrow32-006.gif
クリック→包装材料(アルミ防湿袋・帯電防止袋全般)のカテゴリへ
toiawase.gif

お問い合わせは、上記ボタンをクリックしてメールフォームにて
お問い合わせ頂くか、お電話下さい。
TEL 06-6170-3993   担当:山下まで